タイトル

 
キャリア形成論
Career Development
年度 2020 時間割番号 20131128 更新日 2020/06/02 22:49:32
科目区分 専門教育科目 単位数 2 必選区分 必修
授業種別 講義 対象年次 3~ 開講期間 前期
授業方式 単独 池キャンパス 永国寺キャンパス
担当教員 2156192 梶原 太一 所属 文化学科
履修における注意点  
 
資格・区分等  
 
連絡先(電話番号)  
088-821-7187
 
連絡先(E-MAIL)  
kajiwara@cc.u-kochi.ac.jp
 
授業の概要  
私たちの多くは、企業に雇用され、企業を職場として、職業生活を営みます。この授業では、大学生活を経た後の進路選択と職業生活の開始に向けた具体的な準備として、私たちの職業生活の主たる舞台となる“企業”(business organization)、ならびに、企業の集まりとしての“業界”(industrial organization)を分析する方法について学びます。この講義を通して、業界研究と企業研究に関する知識を習得し、将来の職業生活に活かされることを期待します。
 
達成目標(達成水準)  
(1) 業界の分類方法について理解できるようになる。(20%)
(2) 企業における人間、お金、財、サービスの流れを理解できるようになる。(20%)
(3) 有価証券報告書のおおまかな内容について、理解できるようになる。(20%)
(4) 公表されている情報を入手し、業界や企業の状況を読み解くことができる。(20%)
(5) 企業の社会的責任(CSR)について理解できるようになる。(20%)
 
授業計画  
第1回 キャリア形成論のてほどき
第2回 業界の分類方法:産業、業種、業界
第3回 業界研究の情報源
第4回 業界研究のフレームワーク(1)PEST分析、(2)SWOT分析
第5回 業界研究のフレームワーク(3)5F分析、(4)PPM分析
第6回 企業の分類方法:株式会社、非営利法人、中間法人
第7回 企業研究の情報源:有価証券報告書
第8回 企業の決算書(1)貸借対照表のしくみ
第9回 企業の決算書(2)損益計算書のしくみ
第10回 情報処理実習①:企業情報の入手と活用
第11回 企業の分析方法(1)安全性の分析
第12回 企業の分析方法(2)収益性の分析
第13回 企業の分析方法(3)成長性の分析
第14回 情報処理実習②:経営指標の計算と活用
第15回 企業の社会的責任(CSR):ホワイト企業、ブラック企業
第16回 期末試験
成績評価(基準と方法)  
毎回の授業内容の要約課題 30%
期末試験 70%

計100%
 
教科書・参考書  
教科書:矢部孝太郎編著、梶原太一ほか著『財務報告論[第2版]』中央経済社、2020年。

参考書:
 公益財団法人全国経理教育協会『中小企業BANTO認定試験 公式テキスト』中央経済社、2019年。
 松村勝弘・松本敏史・篠田朝也・西山俊一著『新版 財務諸表分析入門―Excelでわかる企業力―』
   BKC、2015年。
 桜井久勝著『財務諸表分析[第8版]』中央経済社、2020年。
 太田康広著『ビジネススクールで教える経営分析』日本経済新聞社、2018年。
 証券アナリスト協会編『証券アナリストのための企業分析[第4版]』東洋経済新報社、2013年。
 坂本剛著『Yahoo!ファイナンスで速攻決算書分析』中央経済社、2014年。
 みずほ証券エクイティ調査部編著『業界分析ハンドブック』東洋経済新報社、2017年。
 森岡孝二著『過労死は何を告発しているか―現代日本の企業と労働―』岩波現代文庫、2013年。
 森岡孝二編著『就活とブラック企業―現代の若者の働きかた事情―』岩波ブックレット、2011年。
 山本昌弘監修『本当のホワイト企業の見つけ方』東洋経済新報社、2014年。
 
授業外学習課題  
第2〜14回 購読課題(reading assignment)として、教科書・資料の指定の箇所を読んでおいてください。
第15〜16回 「期末試験模擬試験」を配布しますので、一度、解いておくことをおすすめします。
オフィスアワー  
<前期>
 水13:00〜16:10 木16:20〜19:30 金16:20〜17:50
<後期>
 水13:00〜16:10 木14:40〜17:50 金16:20〜17:50
 
備考  
実務経験のある教員による授業科目
 
↑ページの先頭へ戻る